PERFORMANCE
米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
  • 米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取
作業日
2020/11/24
作業エリア
鳥取県米子市陰田町
作業人数
8人
ご利用店舗
解体堂米子店
サービス内容
墓じまい
サービス内容
詳細
お墓の撤去、運搬処分
工事期間
3日間
費用
400,000円(税別)
Before 施工前の写真
After 施工後の写真

作業スタッフのコメント

皆さんこんにちは!解体堂松江店の野々村です。
新しい年を迎え、あっという間に1月も後半、山陰地方は久しぶりの寒波との戦いが続いております。
また、2月になれば節分荒れと言われ、再び寒さが訪れるようですが水道管の凍結など注意して過ごしたいものですね。

さて、今回紹介させて頂くのは、遠方にお住いのお客様からのご依頼です。
現在、米子市内にお墓を所有されていますが遠方にお住まいである為、なかなか管理できないなどの事情もあり、この度お墓を閉じて市内のお寺に永代供養される計画から解体堂に相談がありました。
お客様は遠方にお住いという事とコロナにより、何度も帰ってきて打合せすることが出来ない為、下見は立会を頂かずにこちらの方で対応させて頂きました。
見積はメールで提出し、お客様とお会いしたのは作業前に現地で打ち合せした1回のみとなりました。
とは言え、その間のやり取りは電話やLINEで行ない、しっかりと打ち合わせを重ねながら作業を行ないました。
作業についても進捗状況を撮影して、その都度お客様へLINEで報告しましたのでお客様も安心して、大変喜んでいただきました。
私たち解体堂は、今回の様なお客様の要望に合わせて、出来る限りお客様の負担を減らして対応する事を心がけております。

Point

作業ポイント

今回の工事のポイントは山の高台にある集合墓地から発生材をどのようにして搬出するかという点でした。
一般的な平地にあるお寺の墓地とは違い、山の上にある集合墓地である為、車両の乗り入れが出来ず、ふもとまで100m程の傾斜を運搬車にて少しづつ運ぶ作業となりました。
また、ふもとまで発生材を降ろしても現地には駐車場がない為、近隣の地主さんにお願いして借地をさせて頂きました。
ご存知の通り、お客様は遠方にお住まいである為、近隣挨拶や車両の駐車などの借地交渉、並びに地主さんとの完了確認については解体堂で対応させて頂きました。
幸いお骨の取り出しや、行政機関への申請関係はお客様が自ら対応して下さった事もあり、私たちは作業に集中することが出来ました。
作業中は、写真を撮影して毎日LINEで報告させて頂きました。これにより、お客様は現地に出かけなくても作業の状況が確認出来るので大変喜んで下さいました。
撤去後はお客様に変わり、地主様の完了確認を受け、地主様からも感謝のお言葉を頂きました。
私たち解体堂は、今回のお客様の様に遠方にお住いの場合でも安心してお任せ頂けるよう、しっかり対応しますので是非ご相談ください。

米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取境港市のエクステリアといえば解体堂|フェンス工事もお任せ下さい!|鳥取

米子市の墓じまいといえば解体堂|遠方にお住まいでも任せて安心!|鳥取松江市の解体業者といえば解体堂|借家管理もお任せください!|島根

サービス対応エリア Area

島根県を中心に対応エリアを全国へ拡大中。
解体から墓じまいまで皆様のお悩みを解決いたします。
対応エリア内のご相談や訪問は無料でお伺いいたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

FC加盟店募集

Franchise

解体堂では全国のお客様へ安心いただけるサービスをお届けするために、
エリア拡大に向けフランチャイズ加盟店を随時募集しています。
地域の皆様に”解体といえば「解体堂」”、”墓じまいといえば「解体堂」”と言っていただけるような
全国ブランドを一緒につくりあげていきませんか?