松江市にお住まいの皆様、こんにちは!
解体堂松江店の野々村です。 

さて、今回は住宅にまつわる『松江市の助成金制度』についてご紹介させて頂きます。
意外と知らない助成金制度、皆様はご存知でしょうか?
建築する場合であれば工務店やハウスメーカーから情報をもらえますが、解体工事となると解体業者から耳寄り情報が発信される事は少ないといえます。
一言に住宅と言っても松江市の助成制度は住宅関連補助・助成事業として主に以下のような項目があります。

松江市の住宅に関する助成制度(耐震・中古・空き家等)

①がけ地・急傾斜地対策

がけ地の崩壊、土石流、なだれ及び地すべりにより、住民の生命に危険を及ぼすおそれのある区域内に建っている危険住宅の除却若しくは危険住宅に代わる住宅の建設、購入および改修に要する経費に対し
て補助金を交付する制度です。
がけ地:除却の上限975,000
急傾斜地:解体費用の23%、又は上限500,000

②耐震対策

木造住宅の耐震改修工事と同時に行う住宅改修工事(リフォーム工事)にかかる費用の一部を補助する事業です。

  • 耐震診断
  • 補強計画
  • 耐震改修・・・改修費用の23%、又は上限750,000
  • 除却・・・解体費用の23%、又は上限350,000
  • ブロック塀

③中古住宅対策

松江市内にある築後20年以上経過した中古木造住宅を自己の居住用として購入した人。(注意)ただし、売買による所有権移転を、相続又は贈与とみなし、対象外とする場合があります。
改修費用の支援、補助率10%(上限20万円)。【ただし、UIJターン者の場合は、補助率15%(上限25万円)】※松江市内にある築後20年以上経過した中古木造住宅を自己の居住用として購入した人。

④空き家対策

周辺敷地に悪影響を及ぼすおそれのある老朽空き家の除却を促進することにより、市民の安全で安心な生活環境の保全を図ることを目的として、老朽空き家の除却費用の一部を予算の範囲内で補助する松江市老朽空き家除却支援事業補助金(以下「補助金」という。)(除却工事費の1/2、又は上限500,000円)
以上の様に、住宅に関するものだけでも様々な助成金制度があります。
今回は、この中でも近年お客様からの問い合わせが多い、空き家の解体に関する助成制度に注目してご紹介をさせて頂きます。

松江市老朽空き家除却支援事業

①目的

  • 松江市老朽空き家除却支援事業は、周辺敷地に悪影響を及ぼすおそれのある老朽空き家の除却を促進することにより、市民の安全で安心な生活環境の保全を図ることを目的としています。

②条件

  • 1年以上使用されていない居住用を主とする木造のもの
  • 松江市職員による不良度判定点数が基準以上のもの
  • 隣地や隣接の公道等周辺への影響があるもの

③助成金額

  • 除却工事費の1/2 、上限50万円

    少しわかりにくい表現となるので、補足させて頂きます。
    条件の部分については細かい基準がございますが、主に1年以上未使用の住宅が危険な空き家状態となっているかという判断が重要となります。
    これについては、所有者様の方で松江市指定の申請書を提出されると、危険な空き家かどうかの判定は松江市の職員様の方で調査され結果が伝えられます。

    ここでポイントは、既に行政から命令を受けている危険な空き家、又は助成金を得る為に故意に破損・放置した空き家は対象外となります。
    いつまでも空き家状態のまま年数が経ち、誰が見ても危険な空き家状態とならない様、早めの対応が必要となります。

松江市の補助金を活用できるのはどんな空き家?

では、松江市の補助金を活用できるのはどんな空き家なのでしょうか?
条件の通り、1年以上使用されていない木造住宅は市内にはたくさんあると思います。ところが単にそれだけでは対象物件とは言えません。

市役所職員の不良度判定基準により一定の基準以上であることが必要となります。例えば、屋根の破損が酷くて瓦が落下する、或いは外壁に亀裂があり隣接する道路に落下する等。
更に、その物件がどのような立地条件にあるのかという事も重要な判断基準となります。例えば、山間部のポツンと一軒家の場合、いくつかの条件を満たしていたとしても、それでは隣地隣接の公道周辺への影響が低いので認められにくいでしょう。

反対に住宅密集地で周囲に学校があり、かつその隣接道路が通学路であった場合は認められる可能性があると思います。但し、こういった場合は既に行政の方で通学路周辺の家屋調査はある程度進んでいるので、既に危険空き家として指定されている場合もあるかと思います。残念ながらその場合は対象外となります。
以上の事から一言にこの物件は認められるといった明確な基準はありませんが、上記のような状況の物件であれば対象物件として認められる可能性があると思いますので、まずは申請書を提出してみましょう。

松江市の補助金・助成金を活用した空き家の解体工事は解体堂にお任せ下さい!

ここまで説明した通り、補助金・助成金は非常にややこしくて難しいものです。
自分では対象物件であると思っていても実際は認めてもらえない事が多いと思います。
とは言え、近年空き家問題は深刻化しています。

予算がないからと言っていつまでも放置していると、大風で飛散した瓦が隣家に直撃したり、飛散・倒壊により第三者(通行人など)に直撃して大けがをされたりした場合、その賠償責任は所有者に求められます。そうなると、解体であれば例えば200万程度必要な費用以上に大きな補償を求められる可能性があります。
不慣れな解体工事について、わからない事が多いかと思いますが、私たち解体堂であれば行政へ提出する申請書のお手伝いから空き家に対するお悩み、内部不用品の処理から、解体後の土地活用までトータルサポートさせて頂きますので、安心してお問い合わせください。

もちろん、ご相談、見積対応は無料となります。
お問い合わせは、電話・メールだけでなく、LINEでも承っております!
最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

解体堂_署名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
〒690-0025 島根県松江市八幡町882番地2
フリーダイヤル: 0120-5131-99 (かいたいグー)
営業時間:AM 8:30~ PM 5:30(年中無休)
https://www.katazukedou.com/shop/matsue-shop/
メールアドレス:info@kaitaidou.com
解体堂専用LINE ID:@kaitaidou 友だち追加
まずは友だち追加!! LINEで簡単無料お見積り
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■