BLOG
ブログ
2021.02.19

松江市の空き家の解体は解体堂|空き家のお悩み解決します|島根

松江市、出雲市、雲南市、米子市、倉吉市、安来市、大田市にお住まいの皆様、こんにちは!
解体堂松江店の石橋です。

2月下旬を迎え、前回新年一発目のブログを書危険予知かせていただいてから約2か月が経過しましたので、月日が経つのがあっという間に感じます。
今年は健康管理の一環として、コロナ渦の影響もあって運動不足を解消しようと思い、筋トレを始めました。
今のところ継続してやり続けていますが、健康管理だけでは中々モチベーションを保つことが難しいので、何か具体的な目標を定めたいと思います。
ブログをご覧になっている皆様の中で、モチベーションを保つ秘訣を教えて頂ける方がおられれば、是非教えて頂きたいと思います。

さて、話は変わりますが今回のブログでは空き家の問題に関して書きたいと思います。
空き家の問題に関してはニュースや新聞等でも大きく取り上げられていますが、2015年に空家等対策特別措置法が施行されてから耳にするケースが増えた方も多いかと思います。
空家等対策特別措置法について簡単に解説させていただくと、空き家の所有者に課せられている空き家の適正管理をしない場合に、行政(市町村)が助言、指導、勧告、勧告しても状況が改善されなかった場合は命令を出すことができるようになりました。
最終的な命令に対しても従わなかった場合は、50万円以下の罰金が科せられてしまいます。
実際には、助言が出た時点で近隣の方からのクレーム等が発生している可能性が高いため、早急に対応をする必要があります。

上記のように空き家の管理に関しては以前に比べ規制が厳しくなり、より一層管理をする手間も増えてきております。
所有者が近くにいれば管理をするのは難しくないかもしれませんが、近年問題として増えている所有者が県外等の遠方に住んでいるケースについてはより管理が困難になります。
解体堂にも県外のお客様から、県外に住んでいて実家の管理が難しくなったので解体を検討しているとのお問い合わせが増えております。
解体堂では、空き家の解体に関して単純に解体を行うのではなく、下記の3点を意識したサービスの提供を行っております。

ポイント①:近隣住民の方へのあいさつ回り
ポイント②:徹底した安全管理
ポイント③:解体状況の進捗報告

当たり前のように感じる部分もあるかと思いますが、空き家でお悩みの方は先ほどお伝えした通り、遠方におられるケースが多いです。
遠方の場合、近所の方とのお付き合いも深くあるわけではないので、ご自身であいさつ回りをすることも難しいです。
解体工事期間中に何度も現地に伺うこともできないので、実際の解体がどのように行われていて、進捗がどのようになっているか見えないので不安に感じられるかと思います。

解体堂では、日々の進捗をメールやラインで画像を付けて報告を行うことで、ご依頼いただいたお客様が現地に来られなくても状況確認ができるようにしております。
また、近くにいないにしても近隣の方々への配慮を行わない解体工事を行うと、トラブルに繋がってしまいますし、事故が起きてしまった場合には取り返しのつかないことになります。
もちろん解体堂では解体工事前の近隣の方々へのあいさつ回りはもちろん、作業期間中に近隣の方々にお会いした際は当たり前のことではありますが挨拶も行います。
事故が起きないように管理者を中心にKY(危険予知)活動にも注力し、安心・安全な解体工事を行っております。

解体堂では相談・見積対応は無料となりますので、困っておられたり検討されていることがありましたら、気軽にお問い合わせください!
空き家の解体だけでなく、墓じまい外構エクステリア・リフォーム」、「土地活用といったサービスのご提供も行っております!
お問い合わせに関しましては、電話だけでなくメールまたはLINEでも受付をしておりますので、スタッフ一同皆様からのお問い合わせお待ちしております!

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

Related Post 関連記事

サービス対応エリア Area

島根県を中心に対応エリアを全国へ拡大中。
解体から墓じまいまで皆様のお悩みを解決いたします。
対応エリア内のご相談や訪問は無料でお伺いいたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

FC加盟店募集

Franchise

解体堂では全国のお客様へ安心いただけるサービスをお届けするために、
エリア拡大に向けフランチャイズ加盟店を随時募集しています。
地域の皆様に”解体といえば「解体堂」”、”墓じまいといえば「解体堂」”と言っていただけるような
全国ブランドを一緒につくりあげていきませんか?